忍者ブログ

blooming out of season

引き返せない領域に足を突っ込み早7年。一体どこまで行けば気が済むのか自分が知りたい。ほんと愉快(脳が)。
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界がお前を殺しても、俺はお前を忘れない

Lamentoコンプお疲れ様です。>自分

予想以上に時間がかかってしまいました。こんな長いBLゲーム他にないんじゃないでしょうか。でもその分、深くていろいろと訴えてくるものがあったり、考えさせられる作品だなと思いました。今はまだ余韻に浸っていたい思いもあるんですが、この胸の内にある「萌え」をはやいとこ昇華させないと私虚ろに捕らわれたままなので、つづりたいと思います。

というわけで、以下全てネタバレしかない感想いきます。猫を純粋に好きな人は見ないほうがいいんじゃないかと思います(苦笑。
お付き合いいただけたなら幸いです。

そして、皆Lamentoやるといい。

っしゃーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!(気合


終わったぜ!!!アキバのほこてんでこの燻る想いを発散させたいぜ!!

世界に向かって私がキラルを崇拝してることを叫びたいぜーーーーー!!!!!!

私はライコノとリーシュイがこの命と引き換えにしてもいいほど好きだ!!!!!

しょっぱなからまとまりないな。こういうとこで国語出来ないのがバレる。
えーっと、まずは、Lamento全体の感想・萌えポイントについて書きます。んで、次にコノエ総受けカプ&それぞれのEDについて。

Lamento総評
テーマは絆!絶対!!信じることの大切さとか諦めない強さとかそういうものを訴えてくる。これは咎狗でも言えるね。それから純愛。ほんと純愛。こっちが照れるくらいに。あとー・・ちょっと長すぎかなと思うけど、旅モノは仕方ないんかね。設定もこの上なく詳細でつっこみどころが少なかった。一番すげーと思ったのは、「失躯」が発病したら雌はほぼ100%死ぬっていう設定でした。・・・抜かりねぇな(ニヤリ。それからバッドエンドのほうが多いとこが面白いと思った。なんでなんだろ・・。キラルのいいとこはほんと、主人公がうざくないというとこにあると思う。すんげ重要じゃね?キラルの方針なんでしょうか。意志の強い意地っ張り主人公を使うのは(笑。キラルの主人公は私の最も好きな受けキャラ属性なのでほんと嬉しい限りです。

今回、猫という設定上で生まれた萌えを3点
尻尾
このアイテム(違)すごいよ!!絶大な力を発揮してる!皆、それぞれ思ってることがあると、それが尻尾に表れるんすよ。嬉しいとか戸惑いとか全部。だから逆に言えば、口で言えないことがあると相手に尻尾で想いを伝えるってことがあるんですよ!それがもう可愛いのなんのって!!意地っ張りなライやコノエがそういうことやるともうキュキュキュンッ!状態で・・もう・・ほんとプレイヤーを悶殺させる力がある。尻尾を尻尾に絡ませたりするんですよ!!!???馬鹿か!?馬鹿だろ!!!

毛づくろい
みかけは人間みたいですが、一応猫なんだってことを思い出させてくれるよね、これ。毛づくろいってことで、皆作中でもよくやってるんです。自分の毛づくろいやるのは当然じゃないですか。それはいいんですよ。が、なんか知りませんが、この中では猫は親愛の印に他の猫の毛づくろいをするんだそうです。親子間とか恋人(猫?)とか(本当の猫はどうなの?)。・・もうわかるよね?うん、そういうことなんですよ。ほんと新しい萌えだ。だってさ、人間が互いを舐め合うって死ぬほど気持ち悪いけど、猫って設定だけどこれが肯定されてしまうんだよ!?猫すげー!!

発●期
・・・・・っしてやれらたーーーーー!!!!!!!!!!!爆
キラル!!これがやりたいがために猫設定にしたんじゃないかと思わずにはいられない!!!笑。多くを語る必要はあるまい。もうー・・ほんと堪能させていただきました。ありがとう、キラルさん(笑


それぞれのカプ&ED感想
ライ×コノエ

我がTRUE ENDです。
一年半前のあの絶望を思い出します。シキアキEDで喪失感と絶望を味わいました。それが、ライでまた起こるんじゃないかって終始怯えてた(マジで)。感動で泣いてたのもあるけど、怖くて泣いてたってのもある。なんかライがやばい方向行く度に狂ったようにヤダを連呼してました(異常。でも、無事にグッドエンド迎えて、ほっとしてまた泣きました。
二人の意地の張り合いとすれ違いがもどかしくてほんといてもたってもいられなかったね(笑。それがまた可愛くて仕方なかったんですけどね(´∀`)。すれ違いは、想いが通じた時に効果を発揮しますから。グーですb。最初からライコノの素晴らしさを言葉で表現出来ると思ってないけどさ、やっぱ一番思うのはグッドエンド=バカップルエンドってことっすww。シキアキで叶わなかったバカップルエンドがここで叶った!!これからも意地張って、ケンカして、じゃれあって、想い合って、幸せに生きてほしいと心から思う。

アサト×コノエ

うん、どうでもいい(´∀`)デター。
いや、でも可愛いと思うよ。ただ興味がないだけで(ぁ。アサトが照れた時爪とぎする癖はほんと微笑ましいな~と思った。・・そう、これだ。微笑ましい。つまりぬるいんだよ。ぬるすぎる。友人が「子供のじゃれあい感が抜けない」と言っていて妙に納得しちゃいました。アキラといいコノエといい・・あーゆー直球犬型には弱いんだな。アサトとケイスケはやっぱポジション一緒だわ(笑。そういうやケイスケって声杉田じゃん!!!(関係ない。アサトとカルツは親子でした。思わず笑っちゃったよ。でもカルツのアサトへの愛情にはぐっときた。

バルド×コノエ

年の差万世!!じわじわくる。じわじわ好きになる。最初の頃バルドどうでもよかったけどそのうちどっぷりはまってた。源泉のときと一緒(笑。大人の余裕って素晴らしい。大人だからこそ、コノエが持つような真っ直ぐさに惹かれるんだろうな。それにしても・・やっぱ・・言葉攻め大好きだ、私(←。言葉攻めで照れるコノエが可愛いのなんのって。それから、料理上手のバルドならではのあのアイテムね(´∀`)b。そして、何より、バルドとライの師弟関係に乾杯!!師弟萌えの夏嵐は最後のリークスに立ち向かうスチルを見て吼えました(←。師弟協力スチル。悶絶せずにはいられない。あと、バルドの本名がシェリルなのに大爆笑した。しかも、幼少の頃の超可愛いときから今への変貌が激しすぎる。ありゃ詐欺だろ(笑。

ラゼル×コノエ

ラゼルは悪魔ん中で一番好きです。容姿も声も。憤怒を司るくせに、落ち着いてることがすごいいい。悪魔EDはもちろん全部バッドだったんですが(しょんぼり)、これはシキアキの淫靡エンドチックでした。淫靡いいね~(何言ってるの)。堕ちるとこまで堕ちた姿をよく表現できてたと思う。あーでもラゼコノはグッドエンドで見てみたかったなー。まぁ、どう考えても無理な話なんですがorz

ヴェルグ×コノエ

花田さん'`ァ'`ァ'`ァ(*´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ!この人喋るだけで犯罪者になっちゃうんじゃないかってくらい声エロいorz。さすが快楽を司る悪魔!ご本人はこういうキャラ初だったらしんですが、そんなこと微塵も感じさせないくらい素晴らしい演技でした!ヴェルコノEDは予想通り(笑。コノエが痛々しかったんだけど、ヴェルグもっとやっちまえー!と思う自分がいました(死。

フラウド×コノエ

このEDは・・・もう・・・ほんとにっ・・・大嫌いで大好きなエンディングでしたorz。大嫌いというか・・もう耐え難かった。私のもっとも苦手とする展開。見てて苦痛で仕方なかった。だって、フラウドがコノエとやってるのを負傷したライが見てるんだよ?・・・激しく萌えますが同時に嫌悪を抱く。まさにアンビヴァレンス。コノエとライが痛々しくて・・orz。でも、また、ライがその場にいたからこのEDが好きなんだよ。だって、ライがさ・・「・・・・コノエ!!!」って悲痛に叫ぶんだよ!?おま・・!ちょ・・・・!!コノエの名前数回しか呼んでくれてないのに、こんな時に・・!!ライのコノエを想う気持ちが伝わってきて切ないやら泣きたいやら・・。またコノエもコノエで自分の誤った選択に後悔してるし・・。ライが怒り狂って正気を失う前に、くちぱくで『コノエ』って言うんだよ・・。はー・・やるせねぇ。でもマジライ萌えるなぁ。もちろんtrueに敵うものはないけど、trueでは見られないライの一面が見られるからこそこのEDには価値がある。そう思うことにする。じゃないとやってられないorz。

ふおー・・・やっと大体のエンド片付いたー。えっと、これ書き出してから2時間半経過してます(白目。

カップリング締めとしてリークス×シュイを。

シュイはコノエをいつも導く、歌うたいでその正体はコノエの父親だったりします。で、リークスはラスボスです。この作品が存在する前提としてこの二人の『絆』があるんじゃないかと思う。最初から説明すると長くなって面倒だからいろいろ省きます。
タイトルの「世界がお前を殺しても、俺はお前を忘れない」はゲームスタート直後に出てくる台詞なんだけど、最後の最後でこの言葉の意味がわかる。これはもう全クリしないと感動できないかもしれないんだけど、とにかく泣ける。互いに深く想いあってたのに悲しい終わり方をしてしまった二人。リークスのシュイを憎む気持ちは不器用な愛情の裏返し。憎むしか出来なかった可哀想な猫。全てが終わってやっと自分の気持ちに気づいた猫。馬鹿だなと思う。深い哀しみをどうすることも出来なくて、世界を巻き込んで・・。愚かだなと思う。でも愛しいなと思った。
リーシュイは肉体的じゃなくて精神的な繋がりが強くて、この中で一番強い絆を持ってるんじゃないかと思う。切なくてしかたなかったけど全然嫌じゃなかった。

で、シュイを通して、私初めて中原茂の演技に感動しました(爆笑。中原はいじっていじっていじりまくるのが私の愛で方ですが、今回は純粋に感動した。初めて感謝したよ。コノエとリークスを大切に思う気持ちがひしひし伝わってきた。うん。中原よくやった!(涙



と、いうわけでした!!感想終わり!細かいキャラについてはまた後日!
疲れたー。3時間きっつ・・orz。でもだいぶ昇華されてるw

これ最後まで読んでくれる人いんのかな(笑。
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ぃーなー。やりたぃなー。


自分のパソコン手に入れたい
レン 2006/11/01(Wed)17:19:03 編集
にゃかはら
中原ではない、にゃかはらにプロージット!!
くみごりら 2006/11/01(Wed)17:46:17 編集
無題
レン>
台所横のパソコンでやりましたが何かw
自分の欲しいよね・・。誰かくれ(←

ごりら>
とうとう名前変わっちゃったよ!
夏嵐 2006/11/01(Wed)21:43:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
峰水夏嵐
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画、アニメ、ゲーム、イベント、カラオケ、買い物、友達と騒ぐ、耽る
忍者ブログ [PR]
Template by repe