忍者ブログ

blooming out of season

引き返せない領域に足を突っ込み早7年。一体どこまで行けば気が済むのか自分が知りたい。ほんと愉快(脳が)。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Epic of Gilgamesh

先日の比較神話でメソポタミア神話をやりました。
メソポタミアと言ったら、英雄・ギルガメシュらしい。名前は知っていたが話なんて知らないから私は興味津々だった。

ギルガメシュは英雄という+の面と、女を独り占めしたり横暴すぎな-面を合わせもつ両極端な人らしい(ってか英雄はこういう人が多いんだって)。強くて暴政を行うギルガメシュに神々は、エンキドゥという野人(ギルガメシュより強い)を創造した。

ギルとエンキは戦って、結局勝ったのはエンキだった。が、しかーし、ギルは三分の一が神で三分の二が人で出来てた。だから、エンキは自分よりえらい神の部分を持つギルに仕えることにしたのだ。

先生「2人は親友になったのです。」


('∀')

私は期待に胸を膨らませました。

エンキと親友になってからギルは改心(?)し、英雄らしいことをいっぱいする。
ある時イシュタルという女神(ぶっちゃけ悪女)からギルは求愛される。

が、ギルは拒否る(!?)。それに怒ったイシュタルはギルを滅ぼすために天牛を送り込むがギルとエンキはそいつを倒してしまった。英雄らしいことをやりすぎて何故か怒った神々(ほんと自分勝手な神達だ)はエンキの死を宣告した。エンキは日に日に弱まり、苦しんだあげくついに死んだ。

先生「ギルはエンキが死んだ時彼に花嫁のベールをかぶせました。」


・・・・・・・(●´∀`●)??????????
センセイニホンゴオカシクナイデスカー?


ま~このあとギルはいろいろとあったんだけど、結局自分の欲しかった「永遠の命」を手に入れることは出来なかったんだと。

話が終わり先生が英雄叙事詩のポイントを仰った。

先生「英雄の特色は・・『何かを求めて旅立つ』、『両価的』、そして『同性愛』」


マッテタ━━(゜∀゜)━━!!私、一人で授業うけてたんだよ!?もう頬の筋肉痙攣するわ、下唇噛んで笑い堪えるわ、た、耐えられないーーーー!!!!!誰かこのニヤニヤをとめてっorz!!!

先生は女好きのギルがイシュタルの求愛を断ったのはエンキがいたからだって・・。
やめてくれ!普通に萌ゆる!!でも花嫁のベール想像して爆笑しかけた!ギルもエンキもぜってーマッチョだって!(real)。

しょっぱなから私好みの神話をありがとう、先生。これからもきっとこんな話がざっくざくもっりもり出てくるんだろうねぇ。これからも楽しみにしております。

そして最後に・・・なんだかちょっぴり某ギル・Dに申し訳なかったので謝っておきます。すんませんした(苦笑。貴方とレイは私の中で永遠のレジェンドですから。
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
峰水夏嵐
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画、アニメ、ゲーム、イベント、カラオケ、買い物、友達と騒ぐ、耽る
忍者ブログ [PR]
Template by repe